So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Brazilian Breeze [jazzっぽいの、好き?]

 残暑お見舞い申し上げます

 オトナの皆さんは夏休み期間もそろそろお終い?。それともまだ真っ只中?。「暦の上では秋を迎えたととはいえ・・・」なんて常套句を書くのもばからしくなる様な暑さが続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。

 連日35度を超える猛暑に晒された7月を経て、今年のお盆も今日が送り火。8月も残り半月だけど、9月の声を聞いたら少しは涼しくなってくれるのだろうか?。・・・なんて具合に、夏の終わりまでをつい指折り数えたくなっちゃいますよね[ふらふら][たらーっ(汗)]

 その残りの夏を、バテてしまったりエアコンの効かせ過ぎで夏風邪など召されませぬ様健やかにお過ごし下さい。

 以下、せめて耳からでも涼やかに過ごして頂きたくて「微風」をお届けしますね。youtubeにて聴ける僕の好きな「jazzっぽい」ブラジリアンミュージックのクリップ(※オフィシャルなものを選んでいます)をご紹介させて頂きます。もうひと頑張り[手(グー)][exclamation]、元気を出して夏を乗り切りましょうね。



◆Quatro Na Bossa / "Doralice"



◆Carol Serdeira / "Olhou Pra Mim"



◆Raquel Saraceni / "Acaso"



◆Gabi Milino / "Pierrot Apaixonado"



◆Tania Maria / "INTIMIDADE" Live @ Blue Note Milano



◆Roberta Sá & Gilberto Gil / "Afogamento"



◆Celso Fonseca / "Slow Motion Bossa Nova"


タグ:jazz

共通テーマ:音楽

即席玄関前菖蒲園 [花図鑑]

2018年06月12日(火曜日)
20180612_ハナショウブ_top.JPG

 日曜日(10日ね)にハナショウブの写真を撮りにどこか公園に出掛けたかったのに、些細な、だけどどうしてもこの日済ませなきゃいけない用事が出来てしまい断念[もうやだ~(悲しい顔)]。モヤモヤして、気が済まなくて、その用事の帰りに園芸店に立ち寄って、勢いでハナショウブを3株購入。値段は安いもんだけど、大丈夫かこの先の水の管理[たらーっ(汗)]。なかなか公園に行けないならば、いっそ自宅で鑑賞しちゃえばいいってか?(^^;。

続きも読む?



共通テーマ:blog

アンリ・ルソー / 『馬を襲うジャガー』 [ART]

Manhattan Trinity_The Gentle Rain.jpeg
Artist : Manhattan Trinity
Title : "THE GENTLE RAIN"
Release : 2006 (※jp)
Style : modern jazz (piano trio)
 
 今回は久し振りにCDレビュー・・・ではなくて(^^ゞ、このジャケットに使われているアンリ・ルソーの絵のお話。taekoねーさんのプーシキン美術館展の記事(http://taekoparis.blog.so-net.ne.jp/2018-06-09)に付けた自分のコメントを少し膨らませて書いてみようかな、と(^^。それにしても、作為的なのか無作為なのか、いつ見ても人を食った様なトボけた作品だこと。画中食べられてるのはヒトじゃなくってウマなんだけどさ(笑)。


続きも読む?


タグ:ルソー

共通テーマ:アート

Gladiolus [花図鑑]

2018年06月09日(土曜日)
Gladiolus2018_0608_01.JPG

 長い間ずっと植えっぱなしで土も替えていなければ堀り上げてもやってない我が家のグラジオラス。例年だと6月末から7月初旬にかけて花を付ける。それなのに、いつもより3週間も一ヶ月も早くこのグラジオラスも咲き始めてしまった。今年の植物はやっぱりみんな早咲きなんだなぁ。



続きも読む?


タグ:

共通テーマ:blog

asatobiraki blue [花図鑑]

2018年05月31日(金曜日)
ハナショウブ_朝戸開01.JPG

 この日、丁度一年前に購入して自宅ベランダにて育てているハナショウブの朝戸開(アサトビラキ)が開花した。


続きも読む?


Wonderful Christmas Time [ごあいさつ]


◆john pizzarelli / "Wonderful Christmas Time

Merry Christmas !!

素敵なイヴ

タグ:jazz

共通テーマ:音楽

jazz italiano [jazzっぽいの、好き?]



 先日のこと。リストランテでの食事中にかかっていたBGMがきっかけで、普段あまり音楽の話などしない友人に、イタリアのジャズってどんなのがあるの?って質問をされたのですが、口で説明をするのもかなーり億劫なので、僕が普段から聴いている、CDを購入しているアーティスト達のyoutube動画をここにまとめてみました。ハードバップ系は多分間違いなく聴かない(聴けない・・・笑)友人に向けてなのでインストは少な目にして、かなりアダルト・コンテンポラリ寄りのチョイスですが、その点は僕が元々からして純然たるジャズ・リスナーじゃなくって、「jazzっぽいの」嗜好なのでご容赦を(^^ゞ。因みに、アーティストやその所属レーベルからのオフィシャル提供の動画ばかりを集めてあります。一応、念のため^^;。


イタリアのミュージックビデオばっかりだけど、続きも見る?



共通テーマ:音楽

Ristorante Machiavelli / リストランテ・マキァヴェッリ [そとごはん、そとワイン]

2017年08月11日(金曜/日:山の日)
2017_08_11_top.jpg
 
 マキァヴェッリの君主論を肴にしてルネッサンス期のイタリアを語りつつ、その子孫の作るワインを傾ける夕べ・・・なーんてね[わーい(嬉しい顔)]


続きも読む?



共通テーマ:グルメ・料理

吉田博とアンリ・リヴィエールと同時代の日本の版画作家たち~その2 [ART]

Riviere_01.jpg
◆『ブルターニュ風景』-トレブルのいわし漁船の出帆-(1898-1914) / アンリ・リヴィエール フランス国立図書館蔵 木版

「吉田博とアンリ・リヴィエールと同時代の日本の版画作家たち~その1」(→ http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2017-08-02)より、続き。

 日本人の洋画・版画家である吉田博とパリの浮世絵師アンリ・リヴィエール。この二人が実際に出会っていたと云う記録は何も残されていないと云う。だが、彼等はともに1900(明治33)年にパリで開催された万国博覧会に作品を出品していて、その展示の模様を自らの目で確認しようと吉田もパリを訪れている。日本に憧れつつも、終生その地を踏むことはなかったパリ在住のリヴィエールと吉田とが、物理的に最も接近したのがこの第5回目のパリ万博だった。

 

続きも読む?


タグ:版画
コメント(5) 
共通テーマ:アート

吉田博とアンリ・リヴィエールと同時代の日本の版画作家たち~その1 [ART]

Yoshida Hiroshi_top.jpg

 損保ジャパン日本興亜美術館で現在開催中の『生誕140年 吉田博展-山と水の風景-』 (→ http://www.sjnk-museum.org/program/current/4778.html )の前期を観て、率直に云って大変に驚かされた。これまでの僕は版画家としての吉田博(1876~1950)は知っていた。でも、それ以外は全く知らなかった。吉田博と云えば版画の人なのだと勝手に思い込んでいた。ところが吉田は、版画家である以前に明治の洋画画壇に於いて黒田清輝(1866~1924)と並び立つ第一人者であり、版画は彼の画業のあくまで「一側面」でしかなかったのだ、と思い知らされたから。


続きも読む?


タグ:版画

共通テーマ:アート
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。