So-net無料ブログ作成
スライド・ショーの代わりに ブログトップ

ブログスキンの背景に使った画像あれこれ~2014春編 [スライド・ショーの代わりに]

2014_ajisai_900_june.jpg
アジサイ

2013Ajisai_900.JPG
アジサイ

2014_Himeayame_500.jpg
ヒメアヤメ

牡丹2014_900psk.JPG
ボタン


共通テーマ:blog

1~3月のブログ・スキン背景写真から [スライド・ショーの代わりに]

「眠れる美女」 2012年3月のトップ画像より
PICT0481_m02.jpg

 パリのオルセー美術館内には、そもそもこの巨大な建物が1900年に利用が始まった鉄道駅とホテルであったことを物語る“名残”を感じさせる部分が幾つか残されていて、その1つに贅の限りを尽くした豪華絢爛な内装を誇る祝典の間が在ります。ホテル時代に結婚式の晩餐や様々に催される舞踏会など、祝典の舞台として利用されていた、さしずめ現代で云うところのレセプション・ホールの様な部屋です。

Orsay054_祝典の間01.jpg

 建築家ヴィクトル・ラルー(1850-1937)の指示があらゆる内装の細部にまで亘ったこの部屋は、クリスタルのシャンデリアに照らされ金色に輝いていて、この間に足を踏み入れた美術館客の多くはそのロココ調の豪華さに感嘆の声や溜息を漏らします。ここは現在、19世紀の折衷主義の象徴として、第三共和制期の官展(サロン)芸術を代表する絵画と彫刻が展示される部屋となっているのです。

Orsay054_祝典の間02.jpg

 3月のトップ画像で使っていた安らかに目を閉じて眠る女性の彫像も、この祝典の間に展示されているもの。2005年、06年と2年続けて訪れて、両年とも写真に撮って来ていると云うのに、実は作家もタイトルもメモして来ていないのです。僕はこれまで様々なオルセー関連の本を買っていますが、何故だか、そのどれにも紹介されていないのですね。この祝典の間にはブークローのヴィーナスを始め、アルベール・ベナールの描いた『ロジェ・ジュールダン夫人の肖像』、ルイ=エルネスト・バリアスの彫像『科学の前にヴェールを脱ぐ自然』など、美女ばかりが多く集められているのですが、その中でも、彼女の佇まいが一番に美しいと思うのに。

 けれども、逆に題さえ知らないからこそ、作者の意図とは全く無関係に色々と勝手な想像も出来るわけで、この彫像の女性の優しい横顔を眺める度、僕はエヴァレット・ミレイの描いたオフィーリアを思い出したりしています。

※今回のトップに載せている写真は、画像ソフトで絵画(デッサン)風の加工処理を行っています。

<追記> : 2012.04.14
 いなちみぃ~パリ特派員が調査に当たってくれたところ、作家はAntonin Merciéと判明しました。名前が判ればオルセーのサイトで検索が出来る!ってなコトで、調べた結果→ 、どうやらタイトルは『Souvenir』 (1885~89)で、フランス語版wiki(http://fr.wikipedia.org/wiki/Antonin_Merci%C3%A9)の記すところ、シャルル・フェリー夫人(madame Charles Ferry)の墓のための大理石像だったそうです。いなちゃん、ありがとう~(^^。





「ボローニャの斜塔の下で」 2012年2月のトップ画像より
2011img_Bologna.jpg

 イタリアのピサの斜塔は世界的に有名ですが、ボローニャにも斜塔が在る事はあまり知られていません。かく云う僕も、2006年に現地に行くまで全く知りませんでした。それも同じ場所に2つの塔が並んでそれぞれ傾いて存在しているのですから、ピサとはちょっと違う意味で驚きです(^^;。ピサは僧院の広大な敷地内に建っているわけですが、こちらはごく普通に市街地中に、ですからねぇ・・・。地震の多い日本だったなら、確実に、危険だと云われて取り壊されてしまいそうですよね。

ボローニャの斜塔.jpg
◆Torri di Bologna

 旧市街エリアの中心部に位置するポルタラベニャーナ広場に並んでそびえるこの2つの塔の内、向かって右側の高い方(アジネッリの塔)は12世紀初頭に建てられたもので高さ97m。傾きがよりきつい左の短い塔いガリゼンダの塔はそれより古く11世紀の建築物で高さ48m。いずれも神聖ローマ皇帝派の貴族によって、教皇派に対抗する意図で建てられたものなんだとか。

Bologna_015.jpg

 2月のトップ画像に使っていた石で模様を着けられたカメレオンとトカゲは、この高い方のアジネッリ塔の下(写真 ↑上)で撮った写真。こうして道路との接地角度を見ると、その傾きっぷりがよくお判りいただけるでしょう?(笑)。

 このウインドー・ディスプレイですから何かのお店の様にも思えるのですが、この塔は観光用として有料で昇れるんだそうで(ちなみに、延々と続く階段は498段も有るんですって)、ここがそのチケット購入&入場口なのかしらん???。僕が行った日はお休みだったのか、それともイタリア名物のながーいお昼休憩か(^^;、中はに人影は全くありませんでした。

Bologna_017.jpg

 ちなみに、カエルもいたよ(^^。


★ ★



「穏やかでありますように」 2012年1月のトップ画像より
DSCN1303_900a.jpg
◆菩薩座像(Seated Bodhisattva) / 灰色片岩 3~4世紀 ガンダーラ、松岡美術館蔵

 今年一年が、穏やかで平和なものとなりますように。そんな願いを込めて、新年最初のトップ・ページ画像は東京・白金の松岡美術館が所蔵する、この静的な微笑みを浮かべる菩薩座像を選んでみました。
 
 この菩薩さまの横顔の様に、あらゆることが全ての人々にとって優しく、柔らかでありますように。

トラックバック(0) 

ブログ・スキンの背景に使った画像あれこれ #02  [スライド・ショーの代わりに]

top画像あれこれ_02a.jpg

 2011年05月から同年12月分まで、ブログ・スキンの背景に使った画像を自分の記録用にまとめてみました。


続きも読む?



共通テーマ:blog

ブログ・スキンの背景に使った画像あれこれ [スライド・ショーの代わりに]

top画像1011_1104.jpg

 昨年の11月から2011年04月分まで、ブログ・スキンの背景に使った画像を自分の記録用にまとめてみました。


続きはまたもや写真しかないけど、見る?


nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
スライド・ショーの代わりに ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。