So-net無料ブログ作成
検索選択

L'homme blessé [ART]

 ちゃんと覚えているようで、僕の記憶なんていい加減なもんだな[ふらふら]

クールベ_傷ついた男.jpg
◆ギュスターヴ・クールベ / 『傷ついた男』(1854頃):オルセー美術館蔵

 このクールベの『傷ついた男』って絵を僕が初めて目にしたのは、上野の西洋美術館で1999年に行われたオルセー美術館展での事だった。闘いの後の兵士だろうか。剣を立てかけた木を背にもたれて目を閉じる男。その白いシャツには鮮血が滲み、明らかに負傷している。彼が目を閉じているのは疲労のせいであろうか。それとも、傷は深く、もはや目を開ける気力も残されていないのかもしれない。


続きも読む?


nice!(8) 
共通テーマ:アート

大津絵風藤娘 [ART]

若冲_藤娘_top.jpg

 サントリー美術館で行われていた展覧会『生誕300年同い年の天才画家・若冲と蕪村』で見た若冲の描いた藤娘の図。一目見て、「あ、大津絵!」って頭に浮かんだ。でも、僕はこれまでほとんど大津絵って物の現物を見た事もなければ、興味を持って調べてみた事も無い。なのに、どうして若冲のこの絵で大津絵の事を思い出したかと云えば、実は一人の明治の洋画家のせいだったりする。


続きも読む?


nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トーハクでお花見2015 [ART]

2015年04月12日(日曜日)
トーハク花見_2015.jpg

 所詮は常設展なんだから、そんなにも毎年続けて通わなくてもいいんじゃない?・・・。そう思いつつも、やっぱりこの時期だから見ておきたくていられなくなって、今年も東京国立博物館の『博物館でお花見を』へと出掛けてしまった。まだまだたくさん在るだろう、僕が見たことのない“花がモチーフのトーハク所蔵品たち”をカメラに収めたくって。

 毎々同じ事を書いていますが、『トーハクでお花見展』には花以外のモチーフの展示品も含まれます。全てが草花にまつわるわけでなく、通常の常設展に草花モチーフが多く織り込まれる趣向であり、このエントリでもそう云った「花」以外の作品も取り上げています。

※参照過去記事 : 『トーハクでお花見2012』 → (http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2012-04-18
※参照過去記事 : 『トーハクでお花見2014』 → (http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2014-04-14


続きも読む?


nice!(8) 
共通テーマ:アート

次はなに観る?~展覧会情報 / 2015年春編 [ART]

ルノワール_猫を抱く女性.jpg
◆オーギュスト・ルノワール / 『猫を抱く女性』(作品の一部) ※ワシントン・ナショナル・ギャラリー展より

 2015年春に開催されている、もしくはこれから開催される「観たい!」展覧会情報をまとめてみました。


続きも読む?



共通テーマ:アート

Sphinxはなんと問う? [ART]

2014_11_02_スフィンクス01.JPG

 菱田春草の展覧会を観に出掛けた国立近代美術館(http://www.momat.go.jp/)の入り口脇に、高さ2.5~3メートル程もあるでしょうか、かくもややこしい体勢にて座する大きな女性のオブジェが1体。なんなんざんしょね、これは一体全体???。

続きも読む?


nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

“Le Ballon” ヴァロットンの秘密の恋 [ART]

Le Baloon.jpg
◆フェリックス・ヴァロットン / 『ボール(Le Ballon)』(1899):パリ、オルセー美術館蔵

 「果たしてそこに秘密と呼べる様なものが本当に存在するのか否か」。

 そう書き出して、私のペンを持つ手はぴたりと止まって、それきり動かなくなってしまった。

 あまりに皆が揃いも揃って不思議な絵だ、どこか秘密めいていて不穏だなどとしたり顔して語る様になって来たもので、天の邪鬼な質(たち)で素直でない私は、このところそんな状況が少々気に食わなくなっていた。世に出した絵の解釈は全くの自由だけれど、あんまり勝手な想像ばかりが一人歩きしてもらっても面白くない。そこで、完全にそれを否定するつもりは無かったにしても、皮肉の一つでも吐いてはぐらかしておこう、謎解きの答は永遠に正解が導けない様に煙に巻いておこうと、そんな話を書くつもりで私は机に向かった筈だった。

 しかし、それももういいだろう。多くの時が流れ去った今では、誰もそんな与太話を好んで聞きたがりはしないだろう。それならば、偶には素直に語ってみよう。この絵を描いたあの頃、思いの深さはどうあれ、私は或る一人の女性に密かなる思いを寄せていた。それを自ら語る事でしか、この『Le Ballon(ボール)』と云う作品に私が潜ませた私の心は、誰にも理解出来ないであろうから。


あくまでフィクションのお話だけど、続きも読む?


nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『パリスの審判』 / ルーカス・クラナッハ [ART]

クラナッハ父_パリスの審判.jpg

 今年の1月、新年用にblogのトップ画像に使っていたこの絵。blog友のinatimyさんから「誰の何て作品?」と、説明を求められて、「その内にね~」などと勿体振ったまま無責任に何もせずほったらかしにして早半年(^^;。今さらだもの、きっとすっかり忘れてるだろうと期待してた(爆)のに、逆にまだですか~?と催促されてしまったので、そろそろ観念してこの絵の話をしましょうかね(^^ゞ。


続きも読む?


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トーハクでお花見2014 [ART]

トーハク140413_top.JPG

 桜山公園で八重桜を愛でた後は、上野公園界隈の八重桜をチラ見した後、東京国立博物館恒例(?)の『博物館でお花見を』へ出向きました。この企画は2年前にも観ているのですが、例によって膨大なトーハク・コレクションの内から桜の季節に因んだ作品を集めて見せる常設展です(※勿論、ぜ~んぜん花と関係しない品も展示物されています)。

※参照過去記事 : 『トーハクでお花見2012』 → (http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2012-04-18


ほとんど写真ばっかりの続きも見る?


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

次はなに観る?~2014年春編 [ART]

2014SS_トーハクお花見.jpg
◆東京国立博物館(→http://www.tnm.jp/
『博物館でお花見を』 / 会期:2014年03月18日(火)~04月13日(日)




2014SS_横浜魅惑の木版.jpg
◆横浜美術館(→http://www.yaf.or.jp/yma/index.php
『魅惑のニッポン木版画』 / 会期:2014年03月01日(土)~05月25日(日)




2014SS_出光.jpg
◆出光美術館(→http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/index.html
『日本絵画の魅惑』 / 会期:2014年04月05日(土)~06月08日(日)
※作品入れ替え有り。前期:04/05~05/06、後期:05/09~06/08




2014SS_ポルディペッツオーリ.jpg
◆Bunkamura ザ・ミュージアム(→http://www.bunkamura.co.jp/museum/
『ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館所蔵 華麗なる貴族コレクション展』
/ 会期:2014年04月04日(金)~05月25日(日)




2014SS_東京ステーションG.jpg
◆東京ステーションギャラリー(→http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
『洋画家たちの青春 白馬会から光風会へ』
/ 会期:2014年03月21日(金)~05月06日(火)




2014SS_都美術館バルテュス.jpg
◆東京都美術館(→http://www.tobikan.jp/
『バルテュス展』称賛と誤解だらけの、20世紀最後の巨匠
/ 会期:2014年04月19日(土)~06月22日(日)




2014SS_横須賀_海辺でみる.jpg
◆横須賀美術館(→http://www.yokosuka-moa.jp/
『海辺のミュージアムでみる日本画展』 / 会期:2014年04月13(日)まで




2014SS_パナ.jpg
◆パナソニック 汐留ミュージアム(→http://panasonic.co.jp/es/museum/
『フランス印象派の陶磁器 1866-1886 -ジャポニスムの成熟-』展
/ 会期:2014年04月05日(土)~2014年06月22日(日)




◆山種美術館(→http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html
『富士と桜と春の花』 / 会期:2014年03月11日(火)~05月11日(日)
※ 一部展示替あり 前期:03/11~04/13、後期:04/15~05/11
 浮世絵展示 Ⅰ期:03/11~03/30、Ⅱ期:04/01~04/20、Ⅲ期:04/22~05/11




◆三井記念美術館(→http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html
『超絶技巧! 明治工芸の粋』~村田コレクション一挙公開 / 会期:2014年04月19(土)~07月13日(日)




◆ブリヂストン美術館(→http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibitions//
『画家の目、彫刻家の手』 / 会期:2014年04月13(日)まで



トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Wildthings "Eat" Fast [ART]

260105_ライオン.JPG

 ちぇっ。ちょっとくらいふざけてさ、馬の背中をガブッ!ってやってるのをみんなに喋っちゃったからって、あーんなふうに、それこそまるで「もういいわって云うまで、廊下に立ってなさい!」みたいな言い方すること、ないじゃんねー。ライオンが肉食なのは昨日今日に始まったわけでなし、今さら内緒みたいな顔したって、そんなの年齢6歳未満のよい子のみんなだって知ってます。ま、確かに、馬は今年の干支なんだから、新年早々不謹慎だって気はしましたけど、もう、すでにガブっ!ってやっちゃった後なんだもん、今さらどーにもならないじゃん。ふんっ!。

(注)え~っと、このタイトルは今年の新年のごあいさつに使ったジョニ・ミッチェルのもじりです(^^ゞ。大した意味は無いので「野生は早食い」とでも訳していただければ(笑)。

午年の新春早々やや刺激の強い(^^;続きも見る?


nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート