So-net無料ブログ作成
検索選択

さよなら2016年のカレンダー [ART]

Pola2016_top.jpg

 今年も残すところ、今日を入れてあと4日間。来年のカレンダーはもう用意なさいましたか?。そうすると、必然的に本年2016年のカレンダーはじきお役目終了。普通なら、それはすぐさま単なる紙ゴミと化してしまうわけですが、それが友人がわざわざプレゼントしてくれたものだったりすると、あっさり簡単に捨ててしまうのが、何だか悪いことする様な、申し訳ない様な・・・(^^ゞ。

続きも読む?


タグ:モネ 印象派

共通テーマ:アート

国立西洋美術館の彫像たち / 屋外編 [ART]

2016年05月05日(木曜日)
ブールデル_ヘラクレス03.JPG

 GW真っ只中の、雲一つないくらいに良く晴れたこどもの日の午後。カラヴァッジオ展を観に国立西洋美術館へと出掛ける。友人との待ち合わせに少し早めに着いてしまったので、ただベンチに腰掛けて何もせず待っているのも退屈。それならば、久し振りにロダンとブールデルでも写真に撮りましょうか(^^。


彫刻の写真しかないけど、続きも見る?



共通テーマ:アート

次はなに観る?~展覧会情報 / 2016年GW編 [ART]

2016展覧会_都美若冲鳳凰図.jpg
◆伊藤 若冲 / 『動植綵絵 老松白鳳図』(作品の一部) ※宮内庁三の丸尚蔵館

 2016年GWを前にして、現在開催されている、もしくはこれから開催される「観たい!」展覧会情報をまとめてみました。

続きも読む?


タグ:展覧会

共通テーマ:アート

横浜美術館コレクションの初代宮川香山作品 [ART]

宮川香山_青華鳳凰型花器01.JPG

 ここ半年くらい、ずっと替えずに僕のブログトップのスキンとして使っていた写真の花器も、実は初代・宮川香山(1842-1916)の作品でした。これは2013年の夏、横浜美術館の所蔵コレクション展にて撮影したもの。丁度良い折なので、サントリー美術館の宮川香山展に合わせて、横浜美術館の初代香山作品もご紹介しておきましょう。


続きも読む?



共通テーマ:アート

宮川香山展 [ART]

2016年04月03日(日曜日)
Kozan_011.JPG

 六本木のサントリー美術館にて開催されている『没後100年-宮川香山展』(04月17日終了)へ二度目の出撃。前回は僅か30分だけの斜め見だったので、今回はじっくりと鑑賞するつもりで出掛けるも、終盤の高浮彫撮影可能コーナーでついつい夢中になってしまって時間配分に失敗。最後の方の釉下彩はまたもや駆け足での鑑賞になってしまった[ふらふら]。でも、展覧会で貸し出しを受けている作品が写真撮影可能だなんて機会は滅多に有るもんじゃ無いから、嬉しくってね(^^。


写真しかないけど、続きも見る?



共通テーマ:アート

高村光雲 / 『老猿』 [ART]

高村光雲_老猿01.jpg

 blogの新年用ご挨拶ページには、随分と前から森狙仙の猿を使いたいと考えていたのだけど、そう云えば、申年に因むものなら、かつてこんな写真も撮っていたっけと思い出した。トーハクに高村光雲(1852~1934年 →wiki)の立派な木彫が在ったじゃないか。



続きも読む?


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

恩地孝四郎 / 『ダイビング』 [ART]

恩地孝四郎_900b.jpg

 7月と8月の間、当ブログのスキン用に使っていたこの絵は、日本の創作版画の草分け恩地孝四郎(おんち・こうしろう → wiki)の作品の場面を切り取ったもの。 飛び込む女性の若々しい躍動感の魅力を極力損なわぬ様にと、いろいろと散々試して横長の画面に押し込めてみたものの、こうして作品そのものと並べて見直してみるとちょっと無理が有ったかなぁ・・・(苦笑)。


続きも読む?


タグ:版画
トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

サティのうた [ART]

Satie.jpg
◆シュザンヌ・ヴァラドン / 『エリック・サティの肖像』(1892-93)ポンピドゥ・センター蔵

 突然ですが、今回は緊急にテレビ番組放映のお知らせです。それも、申し訳ないんですが記事をアップする当日夜の番組だなんて、時間に全く余裕の無い話(汗)。僕はNHKの回し者でもなんでもありませんけどね(^^;。

続きも読む?


nice!(10) 
共通テーマ:音楽

L'homme blessé [ART]

 ちゃんと覚えているようで、僕の記憶なんていい加減なもんだな[ふらふら]

クールベ_傷ついた男.jpg
◆ギュスターヴ・クールベ / 『傷ついた男』(1854頃):オルセー美術館蔵

 このクールベの『傷ついた男』って絵を僕が初めて目にしたのは、上野の西洋美術館で1999年に行われたオルセー美術館展での事だった。闘いの後の兵士だろうか。剣を立てかけた木を背にもたれて目を閉じる男。その白いシャツには鮮血が滲み、明らかに負傷している。彼が目を閉じているのは疲労のせいであろうか。それとも、傷は深く、もはや目を開ける気力も残されていないのかもしれない。


続きも読む?


nice!(8) 
共通テーマ:アート

大津絵風藤娘 [ART]

若冲_藤娘_top.jpg

 サントリー美術館で行われていた展覧会『生誕300年同い年の天才画家・若冲と蕪村』で見た若冲の描いた藤娘の図。一目見て、「あ、大津絵!」って頭に浮かんだ。でも、僕はこれまでほとんど大津絵って物の現物を見た事もなければ、興味を持って調べてみた事も無い。なのに、どうして若冲のこの絵で大津絵の事を思い出したかと云えば、実は一人の明治の洋画家のせいだったりする。


続きも読む?


nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート