So-net無料ブログ作成
検索選択

HERE'S THAT RAINY DAY~雨の日に聴くjazz [jazzっぽいの、好き?]

Rain Songs_top.jpg

01. GENTLE RAIN / Laura Ann & Quatro Na Bossa (2007)
02. HERE'S THAT RAINY DAY / Barbra Streisand (2009)
03. IT'S JUST THE RAIN / Anna Callahan (2004)
04. KISSES IN THE RAIN / Hilary Kole (2011)
05. SUNSHINE AND RAIN / Jacqui Naylor (2011)
06. COME RAIN OR COME SHINE / Graham Dechter (2012)
07. SINGIN' IN THE RAIN / Jamie Cullum (2004)
08. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD / Antonella Vitale (2008)
09. LOVE AND PARIS RAIN / Denise Donatelli (2015)
10. RAINY DAY / Magnus Lindgren (2014)
11. RAINCOAT / Kelly Sweet (2007)
12. SUMMER RAINS / Lisa Collins (2012)
13. DOUBLE RAINBOW / Karrin Allyson (2008)
14. SUMMER RAIN / Triosence (2013)
15. THE RAIN STILL FALLS / Chiara Minaldi (2015)
16. THE SUMMER WE CROSSED EUROPE IN THE RAIN / Stacey Kent (2013)
17. WALK BETWEEN THE RAINDROPS / Suss Von Ahn (2008)
18. I WILL WAIT FOR YOU / Lisa (2011)

 雨の日用BGM。例によってCD-R1枚分を選曲。イメージとしては雨の曲だなんてちょっと調べれば幾らでも出てきそうにも思えちゃうんだけど、いざ探してみると、ジャズ系で雨の歌って案外同じ曲ばかりが演奏されていることが多いんですよねぇ。ある程度は選択肢の範囲を決めないと無限にチョイスで悩むことにもなりかねない(^^;って理由から、ここ10年程度にリリースされたものに限定、かつ楽曲自体が重複しない様に。さらに、あんまりにもセンチメンタルなムードのものばかりだと気分までもやがて重くなっちゃうから選ぶ曲調にバラエティを持たせよう。そう考えると、気に入った並びで1枚分揃えるのは意外とムズカシイものでした。




01. "GENTLE RAIN" / Laura Ann & Quatro Na Bossa (2007)

Laura Ann_Summer Samba.jpg
Artist : Laura Ann & Quatro Na Bossa (official web-site:http://www.quatronabossa.com/index.html )
Alubm Title : SUNNER SANBA
発売日 : 2007年
レーベル: Venus
[CD]試聴 : Amazon →
[映画]YOUTUBE: https://www.youtube.com/watch?v=uV3zvU2E9P0&list=RDuV3zvU2E9P0

 ロクに調べもしないで云っちゃうけどけど(^^ゞ、ジャズ系女性ヴォーカリストにチョイスされる「雨の日ソング」の栄えある第1位はきっとこの歌なんじゃないかと思うくらいに、僕のストックするCD内ではよくレコーディングされているナンバー。しっとりとしたこの『優しい雨』は元々はもう50年も前の同名映画のテーマ曲。ブラジルの若者の青春を描いているとされるその作品はそれほどヒットせず日本でも未公開のままだったが、このテーマ曲は多くのボサ・ノヴァ系やジャズ・ミュージシャンたちに採り上げられる大スタンダードに。


02. "HERE'S THAT RAINY DAY" / Barbra Streisand (2009)

Barbra_Love is the Answer.jpg
Artist : Barbra Streisand
Alubm Title : LOVE IS THE ANSWER
発売日 : 2009年
レーベル:
[CD]試聴 : Amazon →

 こちらも雨の大スタンダード曲。その気になったらCD-R1枚分(=80分)は難なくこの曲の違う演奏ヴァージョンばかりを集めたディスクが簡単に作れちゃいそうなくらいにレコーディングされている。僕がここでチョイスしたバーブラ・ストライザンドのヴァージョンは『LOVE IS THE ANSWER』ってアルバムに収録されているジョニー・マンデルの編曲からなるオーケストラ入りなんだけど、ディスク2枚組でリリースされたこのアルバムは、1枚はオーケストラ、もう1枚はほぼ同じ楽曲をカルテット構成でもレコーディングしている。そして、そのレコーディングを仕切ったプロデューサーがダイアナ・クラール。僕の個人的な好みだと、ムーヴィー・スターのバーブラにはやはり豪華なストリングスが似合うな、と(^^。


03. "IT'S JUST THE RAIN" / Anna Callahan (2004)

Anna Callahan_It's Just the Rain.jpg
Artist : Anna Callahan (website : http://www.myideal.net/ )
Alubm Title : IT'S JUST THE RAIN
発売日 : 2004年 (※ Imports)
レーベル:
[CD]Amazon →


04. "KISSES IN THE RAIN" / Hilary Kole (2011)

Hilary Kole_Moment Like This.jpg
Artist : Hilary Kole (official web-site: http://hilarykole.com/ )
Alubm Title : Moment Like This (スウィート・モーメント)
発売日 : 2011年
レーベル: ビクターエンタテインメント
[CD]試聴 : Amazon →

 ちょっと珍しいカヴァー曲。ジャズ・ギタリスト、ヴォーカリストであるジョン・ピッツアレリの2000年リリースアルバムののタイトル・チューンで、ソング・ライティングも彼自身のペンからなるナンバー。箱モノギターに導かれるマヌーシュ風味のスローバラッドにアコーディオン、ヴァイオリンが彩りを添えるアレンジは、レトロなモノクロ映画を見ているかの様。


05. "SUNSHINE AND RAIN" / Jacqui Naylor (2011)

Jacqui Naylor_Lucky Girl.jpg
Artist : Jacqui Naylor
Alubm Title : LUCKY GIRL
発売日 : 2011年
レーベル: Ruby Star Records
[CD]試聴 : Amazon →


06. "COME RAIN OR COME SHINE" / Graham Dechter (2012)

Graham Dechter_Takin It There.jpg
Artist : Graham Dechter
Alubm Title : TAKIN' IT THERE
発売日 : 2012年
レーベル: Capri Records
[CD]YOUTUBE → (official) https://www.youtube.com/watch?v=ak0dl8lf_kE


07. "SINGIN' IN THE RAIN" / Jamie Cullum (2004)

Jamie Cullum_Twenty Something.jpg
Artist : Jamie Cullum
Alubm Title : TWENTY SOMRTHING
発売日 : 2004年
レーベル: ビクターエンタテインメント
[映画]試聴 : YOUTUBE →


08. "RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD" / Antonella Vitale (2008)

Antonella Vitale_Raindrops.jpg
Artist : Antonella Vitale
Alubm Title : RAINDROPS ※参照過去記事(http://la-musica-jazzpoino.blog.so-net.ne.jp/2008-09-22
発売日 : 2008年
レーベル:
[CD]試聴 : Amazon →


09. " LOVE AND PARIS RAIN” / Denise Donatelli (2015)

Denise Donatelli_Find a Heart.jpg
Artist : Denise Donatelli
Alubm Title : FIND A HRART
[CD]試聴: official web site → http://denisedonatelli.com/

 ブレンダ・ラッセルがソウルやR&BよりもAORやアダルト・コンテンポラリ系のリスナーに支持されるのは、その洗練されたスマートな楽曲センスに理由があるんだと僕は思う。だから、ブレンダの楽曲を採り上げるアーティストにもやっぱり彼女と同じセンスを求めちゃう(^^。イエロージャケッツのラッセル・フェランテ、ウィル・ケネディと共作したこの曲は2000年リリースのアルバム・タイトル・チューン。ここでチョイスしたデニース・ドナテッリのヴァージョンはサラッとしたご本家と比べると、ややソウル寄りかも。彼女の歌声にはちょっと「こぶし」みたいなニュアンスが有るからね(^^。


10. "RAINY DAY" / Magnus Lindgren feat. Mark Reilly & Anna Christoffersson(2014)

Magnus Lindgren_Souls.jpg
Artist : Magnus Lindgren (official web-site : http://www.magnuslindgren.com/ )
Alubm Title : SOULS
発売日 : 2014年 (※ Imports)
レーベル:
[CD]試聴 : Amazon →

 ここでの主人公・マグナス・リングレンはジョー・サンプルやレイ・パーカーJr.と共演するトロンボーン奏者のニルス・ラングレンのファンクユニット・アルバム経由で知ったスウェーデンのサックス・プレイヤー。その彼のアルバムに何故?だかマット・ビアンコのマーク・ライリーがゲスト参加。やはりスウェーデン出身のピアニストであるステーヴ・ドブロゴスと共作アルバムのある女性ヴォーカリスト、アンナ・クリストフェッソンとデュエットを聴かせている。ラテン色イメージが強いライリーだが、ここでは普段の彼のスタイルとはひと味違った、ややフォーキーな楽曲を穏やかな仕上がりで。


11. "RAINCOAT" / Kelly Sweet (2007)

Kelly Sweet_We Are One.jpg
Artist : Kelly Sweet (official web-site : http://kelly-sweet.com/ )
Alubm Title : WE ARE ONE
[映画]YOUTUBE →


12. "SUMMER RAINS" / Lisa Collins (2012)

Lisa Collins_Autumn Wind.jpg
Artist : Lisa Collins
Alubm Title : _AUTUMN WIND
発売日 : 2012年
レーベル:
[CD]試聴 : Amazon →
[映画]official video : https://www.youtube.com/watch?v=U5fNYSsjurc


13. " DOUBLE RAINBOW" / Karrin Allyson (2008)

Karrin Allyson_Imagina.jpg
Artist : Karrin Allyson (official web-site :http://www.karrin.com/ )
Alubm Title :IMAGINA
発売日 : 2008年
レーベル: Concord Records
[CD]Amazon →


14. "SUMMER RAIN" / Triosence (2013)

Triosence_Turning Points.jpg
Artist : Triosence (official web-site: http://www.triosence.com/ )
Alubm Title : TURNING POINTS
発売日 : 2013年
レーベル: ヤマハミュージックアンドビジュアルズ
[CD]試聴 : official → http://www.triosence.com/alben/turning-points/


15. " THE RAIN STILL FALLS" / Chiara Minaldi (2015)

Chiara Minaldi.jpg
Artist : Chiara Minaldi (facebook : https://www.facebook.com/Chiara-Minaldi-159482517416672/ )
Alubm Title : INTIMATE
発売日 : 2015年
レーベル:
[CD]試聴 : →


16. "THE SUMMER WE CROSSED EUROPE IN THE RAIN" / Stacey Kent (2013)

Stacey Kent_Changing Lights.jpg
Artist : Stacey Kent
Alubm Title : CHANGING LIGHTS
発売日 : 2013年
レーベル : ワーナーミュージック・ジャパン
[CD]試聴 : Amazon → 


17. "WALK BETWEEN THE RAINDROPS" / Suss Von Ahn (2008)

Suss Von Ahn_Paper Moon.jpg
Artist : Suss Von Ahn (official web-site: http://www.sussvonahn.com/ )
Alubm Title : PAPER MOON
発売日 : 2008年
レーベル : EMI MUSIC JAPAN
[CD]YOUTUBE : https://www.youtube.com/watch?v=aJgWS48ZoL0

 AOR系の楽曲の中で、僕が一番真っ先に雨の曲として思い浮かべるのは間違いなくドナルド・フェイゲンのペンからなるこのナンバー。初めて聴いた高校生の頃、なんてお洒落なサウンドなんだろう!って思ったもの。メル・トーメのカヴァーも好きだったなぁ。でも、ここではチョイスしたのはスウェーデンの女性ジャズ・シンガー、スス・ヴォン・アーンによるこちらもお洒落で軽妙なアレンジのヴァージョンにて。


18. "I WILL WAIT FOR YOU" / Lisa (2011)

Lisa_Let Me Love You.jpg
Artist : Lisa 
Alubm Title : LET ME LOVE YOU
発売日 : 2011年
レーベル : スパイス・オブ・ライフ
[CD]試聴 : Spice of Life → http://spiceoflife.shop-pro.jp/?pid=30522519
※参照過去記事: http://la-musica-jazzpoino.blog.so-net.ne.jp/2008-febbraio-01

 ラストはちょっと反則気味(^^ゞ。歌詞には一切雨は登場しません。でも、曲のタイトルでピンと来る方はそれこそたくさんいらっしゃるでしょう。だって、カトリ-ヌ・ドヌーヴ出演映画『シェルブールの雨傘』(youtube→ )の主題歌ですものね[わーい(嬉しい顔)]。ジャズ系でこの歌と云えば、僕が思い出すのは笠井紀美子なんだけど、ここではハリウッドで女優としても活躍するスウェディッシュ・ビューティー、リーサ(リサ・ラヴブランド)が2011年に発表したアルバムのヴァージョンから。



共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。