So-net無料ブログ作成

麻布・久徳(六本木ヒルズ店) [そとごはん、そとワイン]

2015年07月05日(日曜日)
麻布久徳_top.jpg

 午後3時待ち合わせで友人と会い、六本木ミッド・タウンのサントリー美術館にて琳派の陶芸家・尾形乾山の展覧会『乾山見参!』を観た後の晩ごはん。単に、どこで何を食べたかの記録です(^^ゞ。



 どうも僕は簡単に気持ちが流されやすいって云うか、影響されやすい性質(たち)なんだなぁ(^^;。和陶器の銘品の数々鑑賞した後は、やっぱりこの日の夕食はもう絶対に和食!って気分になっちゃう(苦笑)。まぁ、乾山の器を眺めていれば、自ずと、実際どんなふうに使ったらいいだろう、素敵だろうと考え始めてしまうわけで、この銹絵皿には白身の魚の焼き物をのせて、何か緑の野菜で彩りを添えて・・・だとか、この緑釉の鉢にはマグロの赤身のお刺身を・・・なんて具合に、ついつい食べ物のコトばかりを思い浮かべてしまうのです。美術品として鑑賞してはいるけれど、やっぱり工芸品として、その「実用」を思わずに居られないところが、僕が乾山の器に感じる親しみであり、作品を目で愛でる楽しみなのです。

 と云うことで、今晩は六本木で和食を食べようとウロウロ歩いて探した(笑)お店がこちら。六本木ヒルズの麻布・久徳さん。外観からだと、ちょっとしたこだわりの有り気なふう店構えに思えたけど、内に入ると割とアットホームで気さくな具合。どうやら稲庭うどんがこのお店の”売り”らしく、いわゆる「酒処」ではないみたいだ。
 
 とは言え、僕らはうどんが目当てなわけではないので、やっぱりをアテを頼んでお酒を頂きたい。すると、そんな希望を満たしてくれそうなコース・メニューが用意されていたので、それをオーダーしてみることに。

IMG_0311.JPG
先付:秋田県産、蓴菜のおひたし

IMG_0315.JPG
前菜:谷中生姜豚巻焼き
 同:鬼灯トマトしょっつる浸し
 同:夏野菜の白和え
 同:茗荷寿司
 同:茶豆塩ゆで

IMG_0317.JPG
お椀:新蓮根と玉蜀黍の真丈・帆立包み

IMG_0322.JPG
お造り:三点盛り

IMG_0325.JPG
焼き物:丸茄子焼き 豚トロ盛り

IMG_0328.JPG
煮物:粒蕎麦鴨丸 旬野菜含ませ

IMG_0329.JPG
止肴:海鮮まりも

IMG_0335.JPG
揚げ物:満願寺唐辛子 子持ち真丈揚げ
  同:季節野菜天ぷら

IMG_0338.JPG
食事:稲庭うどん

IMG_0339.JPG
甘味:本日のデザート(葛餅)


 特に豪華な食材は無いけど、5000円でお釣りが来る金額でこれだけの品数はなかなかのボリューム。甲州ワインや日本酒を頂きながら賞味いたしました。男性がガッツリ飲みながら・・・って雰囲気じゃなく、やや女性向きの感も有りますが、さらっと飲みつつ食事を愉しむには悪くないお店かなと思います。ちなみに、まぁ、こじつける必要もないし、お店には何の咎もなく、こんなふうに書かれるのは迷惑以外何物でもありませんが(^^ゞ、残念ながらこの晩の食事に関しては、乾山を想起させるものは特に何もありませんでした(苦笑)。


タグ:和食
トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。